マンション経営は利回りによって利益を計算します。購入の際、表面利回りを見て、そのあと実質利回りを見ます。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

マンション経営の手始め

マンション経営をすると、どれほどの利益を得ることができるのでしょうか。それは実際にやってみなければもちろんわかりません。しかしながら、その目安となる通知を上げることはできるのです。それが利回りという数値です。利回りというのは、投資額に対して収益がいくらになるかという利益の計算方法で、利回りはマンション経営に限らず、どんな投資についてもこれを参考にして為されます。マンション経営もまた、この利回りについて知っておかなければなりません。

利回りはさらに二種類に分けることができます。それが表面利回りと実質利回りです。両者の違いは、必よ経費を計算に組み込むかどうかです。表面利回りは組み込みませんが実質利回りは組み込みます。これを踏まえたうえで考えると、当然表面利回りと実質利回りではその数値が変わってきてしまいます。必要経費を組み込む実質利回りの方が、その数値は下がってしまうでしょう。しかし実質利回りは、その年ごとにどれほどの経費が掛かってくるのかわからない部分があり、物件の購入前に正確な数値を出すのは難しいのです。そこでまずは表面利回りを見て、そのあとに実質利回りの推定値を計算してみるというのが、一般的なマンション経営の手始めなのです。