老後に資金不足になり生活苦になることを避けるために、マンション経営をしておいたほうがいいです。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

老後のためにマンション経営

定年退職後は、退職金と年金暮らしに頼らないといけない生活を送ることになります。退職金も企業によって相当異なってきます。大企業に長年勤めていたら、それなりに満足できる退職金を得られるのですが、中小零細企業のように大企業と規模が違いすぎるので、頂ける退職金はもしかしたら大企業よりも少ない可能性が高いです。退職金と年金だけを当てにしているような生活を送っていると本当に老後の生活にゆとりがなくなってしまいます。それに不動産を持っている人は、この機会に不動産を活用してみるのも良いかと思いました。分譲マンションで生活をされている人は、マンション経営をして、そこから収入を得るのも良い方法です。

それに子供たちが全員独立しているのに、広い分譲マンションで生活をしていると凄く広く感じてしまいます。分譲マンションを元手にマンション経営を始めて、自分たち二人は近所の安い賃貸マンションへ移るという考えもありではないかと思います。このように年金と退職金と家賃収入という3本立てがあると相当ゆとりのある老後を送ることができるのではないかと思いました。老後になってから、体に鞭を打って働くよりもこうして安定した収入があるほうが良いと思います。

お役立ち情報