他の投資に比べ、流動性は低いものの、安定した収益を狙えるマンション経営のメリットについてまとめてみました。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

マンション経営のメリットについて

マンション経営には様々なメリットがあります。定期預金、株式、債券投資、投資信託、など他の投資に比べると流動性は低いものの、物件選びさえ間違わなければ、安定した収益と比較的高いリターンが狙えます。日本の預金は比較的大口で預けても利息は微々たるものであり、とても投資にはなりません。また、株式や債券、投信などはある程度の利回りは期待できる反面、市場での大暴落など時としてマーケットの激しいボラティリティを受けて、投資元本が半減する場合でさえ起りえます。その点、マンション経営の場合は地価の変動はありますが、金融市場のような変動の激しさとは無縁ですし、明日その価値が半減したり、ほぼ無くなってしまうような事態は考えらません。

またマンション経営は税金面でもメリットの大きさが実感できます。相続税について預金や株式はそのまま時価評価された上で課税されます。一方の投資用マンションの場合、建物の評価はあくまで税法上の評価額により課税されます。そのような評価額は通常、建物の購入価格の50%から60%ほどです。また、賃貸物件として事業に供している場合はさらに評価額が下がると同時に、条件次第では課税上の特例が受けられるケースもあります。安定した収入源と課税上のメリットを考慮すると、マンション経営は投資対象として十分魅力があるのがわかります。

お役立ち情報