マンション経営の勧めについて、書いていきます。所得を考えて、計画的に行うことをお勧めします。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

マンション経営の勧め

マンション経営の勧めについて、書いていきます。所得を考えて、計画的に行うことをお勧めします。サラリーマン等の給料を貰っている方のマンション経営の方法について、考えます。今回は、確定申告についても、細かく触れていきます。

サラリーマン等は、給与所得があります。所得とは、必要経費を引いた金額が所得です。サラリーマン等の場合には、必要経費は、給与所得控除に該当します。所得が、プラスであれば、その金額に対して、税額が決められます。不動産所得の場合なのですが、基本的に、経費が多く上がる傾向があり、マイナスになる可能性が高いのです。

この場合に、給与所得と不動産所得を通算することが可能となります。この場合には、不動産所得のマイナス分が、税額を減少させるのに、役立ちます。これが、給与所得等もなく、不動産所得が通算できないものしかない場合には、このマイナスは、何にもならないものなのです。以上のことを考慮しても、不動産所得を持つ場合には、給与所得等があった方がよく、専業のマンション経営よりは、給与所得等がある方が良いと言えます。特に、サラリーマンで、マンション経営をお考えであれば、資金が許す範囲内で、早めのマンション経営をお勧めします。