マンション経営は長期的な経営方法です。私的年金として利用すれば、老後の生活を豊かにできます。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

マンション経営で得た収入を私的年金に

マンション経営は長期的安定的な収益が見込める経営方法です。退職前に、マンション経営を始めれば、それが退職後の収入となり、公的年金以外の収入を得ることができるようになります。老後にゆとりある生活を送ろうと思ったら、月々に30万円前後のお金が必要だと言われています。またゆとりあるとまでは言わないけれど、それなりの生活をしようと思っても、月々で20万円以上は最低でも必要であると言われています。しかし年金だけではどうしても間に合わないということが出てきてしまうものです。そこで退職後にも給金を得ることができるようになればあんしんですね。そのための方法としてマンション経営は打ってつけなのではないでしょうか。

といっても、マンション経営をするにしても計画性は必要です。当然、物件の購入費用を月々のローンで返済していかなければならなくなるでしょう。だからこそ、退職前にマンションを購入して、ローンを返済し、退職後には家賃収入だけが私的年金として入ってくるという状態になるように逆算して購入を検討すると良いです。そうなれば、家賃収入をローンの返済に充てなくて済み、もちろん固定資産税などの税金の支払いはありますが、それでも私的年金としてその収入は生活の助けになるはずです。

お役立ち情報