マンション経営とアパート経営は似て非なるものです。それぞれのリスクとメリットについて書いてみました。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

住まいでも話題のマンション経営について、ここで情報収集しましょう

  • 学生マンション総合情報サイトはこちら。連帯保証人、更新料不要の物件もあります。

マンション経営とアパート経営のそれぞれのリスクとメリット

マンション経営とアパート経営とは似て非なるものです。マンション経営がワンルームの一室だけだという言ったように、建物の一部を購入して貸し出すのとは違って、アパート経営は建物を一棟全部購入してしまって、たくさんの部屋を貸し出す形式の経営方法です。したがって、それぞれ利益の大きさも支出の大きさも全く違ってくるのです。

といって、その基本は変わるものではありません。どちらも建物ないしその一部を購入して貸し出すということでは同じなのです。しかしながら、そのリスクやメリットの面での多少の違いを理解しておくことは、賃貸経営をしようと考えているのであれば参考になるでしょう。マンション経営は、一室だけを買い取って貸し出す方法です。したがって、アパートよりも格段に管理がしやすいと言えます。その部屋だけを管理していればよく、後の建物全体に管理維持についてはその建物の所有者がやるべきことなのです。これに対して、アパート経営は建物そのものの管理をしなければなりません。したがって、管理の面ではマンション経営の方が優れていると言えるでしょう。しかしマンション経営は一室だけですから、もし一人でも入居者がひらなければ利益が上げられません。いっぽうアパート経営は何部屋も貸し出しているので、たとえ空室が一室ほど出ても、他で補てんすることが可能です。利回りはアパート経営の方が良いということです。

お役立ち情報