老後のさまざまな不安が渦巻く昨今、マンション経営はその長期的安定性から脚光を浴びています。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

脚光を浴びるマンション経営

年金制度の動揺、高齢社会のますますの発展、平均寿命の延伸、老後の不安というのはこのようになかなか絶えないものです。しかし老後というのはできる限り安心して暮らしたいというのが人間の心情です。そうした状況であるからこそ、マンション経営にスポットが当たりやすい社会が醸成されているのです。

マンション経営の利点といえば何でしょうか。それは長期的な利益が見込める点、それから安定的に収益を上げられる可能性が高いという点です。老後のいちばんの不安といえば、お金の問題でしょう。公的年金をもらうことができたとしても、今ではどんどんもらえる年齢が上がっていますし、そもそも年金制度自体が不安定なものになりつつある昨今においては、自力で収入を得ることができればこれ以上の安心はないはずです。そこで、マンション経営というのが脚光を浴びるようになるのですが、それは不動産という後世にまで続く財産を持ちながら、そこからさらに収入を得ることができるという、そういう投資なのです。たとえ最初は購入費用をローンで支払っていたとしても、それは家賃収入である程度賄うことができますし、ローンを返し終われば、家賃収入がまるまる私的年金として使えるようになるということなのです。

お役立ち情報