マンション経営も営利事業であるからには経費の削減を第一に考えて利回りに踊らされないようにしなければなりません。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

マンション経営も経費削減

利回りとは、あくまで利益の目安に過ぎません。マンション経営はこの利回りを考えて、物件の購入を検討するものでありますが、しかし利回りに踊らされてしまっては、後で後悔してもしきれないでしょう。利回りよりも本当に大事なのは、危機管理能力なのです。

マンション経営における危機管理能力というのは、つまり必要経費がいくらかかるのかを計算して経営を進めていくということです。たとえば表面利回りがたとえ20パーセントあったとしても、必要経費が相当数計上されてしまえば実質的な利益、すなわち実質利回りは減少してしまいます。危機管理能力というのはそういう部分に対する感覚を鋭敏にしておくために必要な能力なんです。マンション経営も経営であり、営利事業であるからには経費の削減は至上命題なのです。どのように経費を削減するのか、それが実質利回りの計算と危機管理能力に関わってきます。古い建物を購入するリスクを考えると、例えばそれには修繕費がかかってくるということが容易に想像できます。そうなれば、その分の経費を計上しなければならず、たとえ表面利回りが高かったとしても、実質利回りの方では大した数値にはならないでしょう。このように、いかに経費を削減するかということを考えるかが第一であり、それはマンション経営もれっきとした経営であるからなのです。

お役立ち情報