賃貸マンション経営のポイントは、床面積の最大化、つまり、容積率をいかにいっぱいに使い切るかです。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

マンション経営のポイントは床面積最大化

マンション経営を行う目的はいろいろあるでしょう。親の代からやっていたアパートを相続で引き継ぐ場合もあるでしょうし、会社員がワンルームから地道に初めて事業を大きくしてやがてアパート経営、賃貸マンション経営まで辿りつくこともあるでしょう。しかし、最も多いパターンは、空いている土地の有効活用というパターンではないでしょうか。

マンション経営などの賃貸物件を経営する時に一番重要な点が、土地に対する床面積をいかに大きくできるかという点です。収益力とは言い換えれば限りある土地に対して、いかに貸し出して収益を生むことができる建物の床を大きくできるかということなのです。

そういう点から考えると基本的には容積率は指定されているのでそれ以上どうしようもないと思われるかもしれませんが、全面道路の幅が狭いとその容積率するた制限を受けて使いきれないかもしれません。そういった場合は、大きな道路に面している隣の土地を買い増すなど何か手が打てるかなどを考える必要があるでしょう。いずれにしても、その土地の持つ容積率をいかに有効に使い切ることができるかが、賃貸マンション経営の成否を決めるということを頭に入れておく必要があります。

お役立ち情報