マンション経営では広い敷地も必要でしたが、最近一戸建ての自宅の一部を賃貸にする方法に人気が出ています。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

マンション経営の手軽な方法自宅の一部を賃貸にする

マンション経営は資産活用として人気ですが、広い敷地や資本力も必要です。次に人気の賃貸経営として自宅の一部を賃貸仕様にする方法があるそうです。例えば、3階建ての一戸建ての1階のみを賃貸で貸せるように一戸建てを建設し、賃貸部分を8万円で貸すことができれば住宅ローンに充当することもできるので資金の心配がないのです。一部屋分自宅の面積は減ってしまいますが、収入としてのリターンがあるので大変安心です。もちろん賃貸仕様ですので多少建築費の上乗せはありますが、何年も貸せるとなると十分ペイできると思います。

自宅の一部を賃貸仕様にしておくことのメリットは他にもあります。例えば10年くらいは賃貸に出しておき、その後家族の個室として使用するとか、親に住んでもらうことにするなど家族使用できることです。電気やガス、水道などは個別に引いているため家族使用にする際にも最小限のリフォームで済むことになります。子供が独立して自分たちだけで自宅部分が広すぎてしまったら逆に自宅を賃貸に出して元の賃貸部分に自分たちが住んで家賃収入を多めにするということもできます。

賃貸部分が一部で収入も少ないということでも、マンション経営と方法は変わりません。入居者に人気のある設備にする必要もありますし、きちんと管理し賃借人に快適な生活をしてもらうことができれば長く住んでもらうこともできるので賃貸収入が安定します。

お役立ち情報