マンション経営とアパート経営は違います。アパート経営は一棟丸ごと、マンション経営は一部屋だけが主流です。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

マンション経営はアパート経営とは違う

マンション経営という言葉があります。いっぽうでアパート経営という言葉もあります。両者にはどんな違いがあるのでしょうか。それは、そもそもアパートとマンションの構造の違いに由来しています。それがアパートになるのかマンションになるのか、その明確な定義は存在していません。しかしどちらかを判断する大まかな定義は存在し、それはマンションであれば鉄筋コンクリート、アパートであれば木造づくりという風に分けられます。こうした構造の違いが、アパート経営とマンション経営にも表れてきます。

アパート経営は、建物そのものを一棟買いで購入するというタイプがほとんどです。アパートというのは、前述のとおり木造建築であり、しかも2階建てか高くても3階建てという低層階のものが多いのです。したがって、費用を安く抑えて建物を丸ごと購入することができるのです。しかしマンション経営となると、建物を丸ごと購入するというのは難しいでしょう。マンションは、鉄筋コンクリート造りであり、設備も良く、それに高層階の建物であることがほとんどです。したがって、一棟丸ごと購入するとなると、費用がかなり跳ね上がってしまいます。だからマンション経営というのは、建物の一室だけを買い取ってそこを貸し出すというタイプが主流なのです。