マンション経営をするためには支出の計算は不可欠です。支出にはどんなものがあるか、書いてみました。

土地などの資産活用ならマンション経営
土地などの資産活用ならマンション経営

マンション経営の支出について

マンション経営をするならば、利益を上げることを追及していかなければなりません。そのためには、建物や建物の一室の購入からして、予算の計算を厳重にしておかなければなりません。経営というのは、収入と支出の差額であって、収入がいくらあるのか、それに対して支出がいくらになるのかを考えて、利益を出していかなければなりません。

マンション経営にかかる支出とは何でしょうか。それはまず、そもそも建物を購入した費用から計算をしなければならないでしょう。それがいくらになるかで、そののちにかかってくるであろう月々のローンの計算ができるようになるのです。すなわち、まずマンション経営の支出とは、その月々のローンの支払いがあります。しかしマンション経営には、ローン以外にもいろいろ支払わなければならないものがあります。建物を購入したとなれば、不動産を保有するということになり、したがって固定資産税等の税金をしはらなければならなくなります。これをしっかり経費の中に入れておかなければなりません。そのうえ広いマンションを管理するのにもお金はかかってくるでしょう。それは管理費として入居者から徴収することもできますが、とはいえ自分で支払わなければならない部分というのも出てくるものなのです。

お役立ち情報